【天才的運動音痴】ヒザ神はやらせじゃなくてガチ!決定的根拠はコレ!

お笑い芸人のフルーツポンチ村上のもう一つの名前をご存知でしょうか。

そうです、かの有名な「ヒザ神」ですよねw

アメトークでの番組内企画の「運動音痴芸人」にて、あまりの運動音痴の様子からこの不名誉の名前がつきました。

実際にヒザ神の運動の様子を見てみました。

走り幅跳び・走り高跳び・水泳・サッカー、、、どれをとっても面白いほど運動音痴でした。

運動中はヒザが全く曲がらず特徴的で、その様子からヒザ神の名前がついたわけです。

しかし、あまりにも特徴的なそのスタイル?から、やらせだと言われまくっております。

実際やらせと言われても仕方のないような、わざとらしいようにも見えます。

ですが、、、これはわざとじゃないと思うんですよね。

今回はフルーツポンチの村上ことヒザ神がわざとではないと思う理由を書いていきます!

ヒザ神がやらせでない決定的理由は固定された「ヒザ」

やらせ疑惑がかかっているヒザ神ですが、これはやらせではないと思われます。

最初に、実際にヒザ神の陸上競技・サッカー・水泳を御覧ください。

 

 

 

 

いやぁ、、、、おもしろいww

じゃなくて、どの種目も共通してヒザがめっちゃロックされてますよね。

これがヒザ神たる所以というやつですねw

ですが、これが仮にやらせだとしたら、ヒザ神の運動神経は計り知れないほどいいと言えるでしょう。

どうしてそう言えるのか、根拠を説明していきます。

ヤラセじゃない理由は咄嗟の動きに対してもヒザはロックをしている

ヒザ神がやらせじゃないいう決定的理由は咄嗟の際もヒザがロックされているということです。

その瞬間というのが走り高跳びでのコチラのシーンです。

 

着地のシーンですが、このタイミングで足をピーンと伸ばすのは実は相当難しいんです。

本当に天才的にヒザを使うセンスがなくて、足がピーンとなってしまっているのでしょう。

狙ってやろうとするのであれば多少なりヒザが曲がったりがに股になったりするはずです。

それを抑えて足を伸ばしたままのあの着地、相当運動ができる人でなければ不可能です。

一般の芸人さんが、ましてや走り高跳びをやっていたわけでもなくジャンプに対してのスキルもない人ができるようなやり方ではないということです。

ヒザ神がやらせと言われてるのはどうして?

先程はヒザ神がやらせじゃない!ということを書いていきました。

とはいえ、やっぱりヒザ神はやらせだ!という意見はたくさんあります。

ヒザ神がどうしてやらせだと言われるのか、その理由についても考えてみました。

ヒザ神のヒザロックがわざとに見えてしまう

まずひとつ目はこれですよね、異様なまでにヒザがロックされていることw

普通ではありえない状態ですから、わざとだろ!と思うのも当然です。

あの美しいまでの真っ直ぐなヒザを保つには相当なスキルが必要か、またはガチの運動音痴だということは考えてもわからないですからね。

ヒザ神は明らかに後者ですが、視聴者からしたらわざとやっているように見えるということです。

ヒザ神もオーバー気味にリアクションしてしまっている

ヒザ神も芸人さんですから、やはりリアクションには力を入れてしまいますよね。

ヒザ神の名に恥じぬようなリアクションを取ろうとするあまりオーバーリアクションをしている感じはあります。

そういった仕草が視聴者からはわざとらしい、というふうに映っていたのでしょう。

天才的な運動音痴とオーバーリアクションが相まって、わざとらしいという風になるのでしょう。

ヒザ神のやらせについてのまとめ

今回は運動音痴芸人のフルーツポンチ村上ことヒザ神のやらせについて書いていきました!

ヒザ神についてですが、各種目の咄嗟の場合のヒザのまっすぐ具合から狙ってできるものではないと判断できます。

ですので、やらせではなく天才的に運動神経が悪いということがわかります。

しかし、オーバーリアクション気味にしている点からやらせなんじゃないか?と言われているのだと思われます。

毎年恒例の運動神経悪い芸人ですが、とりあえずヒザ神は面白いので楽しみですよねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です